2012年02月17日

ホイットニー・ヒューストンのシングルとアルバムがビルボードでTOP10入り

2月16日に発表された「ビルボード」の2月18付チャートでは、先日死去したホイットニー・ヒューストンの過去のシングルやアルバムが続々とランクインしました。

HOT100(シングルチャート)では「オールウェイズ・ラヴ・ユー」が7位など、3曲がランクインしています。

7位  I Will Always Love You
35位 I Wanna Dance With Somebody
41位 Greatest Love Of All

billboard200(アルバムチャート)で「ザ・グレイテスト・ヒッツ」が6位に入るなど、200位圏内に6枚のアルバムがチャートインしました。

6位  Whitney: The Greatest Hits
72位 Whitney Houston
80位 The Bodyguard(サウンド・トラック)
118位 I Look To You
122位 Whitney
183位 The Preacher's Wife(サウンド・トラック)

ただ今回の場合、セールスは亡くなった日の2月11日と12日の2日だけが集計対象で、エアプレイも4日間のみが集計対象となっています。アメリカではCDの売り切れが続出しているそうですし、ジャズ専門のラジオ局でも追悼のためにホイットニーの曲を流している状況のため、来週のチャートでもランクインする可能性があります。

ビルボード HOT100
http://www.billboard.com/#/charts/hot-100

ビルボード billboard200
http://www.billboard.com/#/charts/billboard-200

NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120217/t10013089121000.html

posted by audfan at 22:10| CD ロック・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

フォー・シーズンズ「フー・ラブス・ユー」

1975年のフォー・シーズンズのアルバム「フー・ラブス・ユー」です。
フォー・シーズンズは1960年代を代表するアメリカのグループでしたが、1970年代に入るとヒットにめぐまれなくなります。これは1965年からグループと並行してソロ活動をしていたフランキー・ヴァリも同じでした。
ところが1973年に公開された映画「アメリカン・グラフィティ」(監督ジョージ・ルーカス)が大ヒットし、1950年代後半〜1960年代の「オールディズ」ブームがやってきます。日本も同じように「オールディズ」ブームとなり、ヒット曲のコンピ盤が作られ、多くのアルバムが復刻されました。
そんな中、1974年にフランキー・ヴァリ「瞳の面影」が全米1位のヒットとなります。翌1975年にフォー・シーズンズ名義(前作まではフランキー・ヴァリ&フォー・シーズンズ)で、アルバム「フー・ラブス・ユー」をリリース。
ファーストシングルの「フー・ラブス・ユー」が全米3位となります。セカンドシングルは「1963年12月(あのすばらしき夜)」でグループとして11年ぶりの全米1位に輝きます。「シルバー・スター」も全米38位のヒットとなりました。また「1963年12月(あのすばらしき夜)」のダンス・リミックス・ヴァージョンが1993年に発売され全米第14位となっています。

Curb Records D2-77713(1995年)

1.Silver Star シルバー・スター
2.Storybook Lovers
3.Harmony, Perfect Harmony
4.Who Loves You? フー・ラブス・ユー
5.Mystic Mister Sam
6.December 1963 (Oh, What a Night) 1963年12月(あのすばらしき夜)
7.Slip Away
8.Emily's (Salle de Danse)


image.jpg


1963年12月(あのすばらしき夜)のPV


フー・ラブス・ユーのPV


posted by audfan at 23:28| CD ロック・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする